ショッピングモールでのイベント私は最近、ショッピングモールでイベントのアルバイトをしました。

お菓子のつかみ取りをしたり、風船を配ったりするイベントです。
土日ということもあり、家族連れの方がたくさんいらっしゃいました。
風船を持っていると、小さい子が「風船ください!」と声をかけてくれたり、物欲しそうに黙って見つめてきたり、様々な子と触れ合うことができました。

もともと子供が好きなこともあり、風船を渡した時の子供達の笑顔を見るととても幸せな気持ちになりました。
また、小さな子でも性格がでるな、と風船を貰いに来る子供達を見て感じました。

1日に数回お菓子のつかみ取りも行いましたが、これは子供達よりもお父さん、お母さんの方が必死で子供のおやつのため、子供そっちのけで盛り上がっていました。

子供も欲しいものを厳選して少ししか持っていかない子、とにかく量を入れようと手当たり次第に入れて行く子、じっとお菓子を見つめてなかなか取ろうとしない子、様々でここでも、あ?この子はこういう性格なのだな、と性格の違いを感じました。

普段は絶対に関わることのない家族と触れ合えて、とても楽しい時間を過ごすことができました。
たくさんの笑顔と元気、幸せをくれた子供達に感謝です。

ママクラスに参加して妊娠9ヶ月の私は最近、通っている産婦人科で行われているママクラスと言うものに参加しました。

ママクラスは前期、後期と2回行われていて、前期は妊娠5ヶ月までに、後期は妊娠35週までに行くものです。

ママクラスは妊娠中の生活や、食事のこと、胎児の成長の様子などのお話しを助産師さんがしてくださり、それを聞いて勉強する。と言う感じでした。

助産師さんのお話しを聞くだけと言う感じだったので、他に参加されている方も15人程いましたが、お話しもする事なくそのまま終わってしまいました。

ママクラス後期に参加すると、参加者の全員がお腹がとても大きく、またお勉強の内容もグループワークと言った形だったので、同じ境遇の方とたくさんお話しが出来て、とても面白かったです。

また、経産婦さんからのお話しは、へぇー。と感心して、とても勉強になりました。
そしてママクラス後期になると出産、入院の話もたくさん出て来て、あーいよいよなんだなぁ。と心が引き締まる思いでした。

分娩室や入院中の個室、食事なども、皆さんと見て回って楽しかったです。
分娩室の分娩台を見て、思わず、足こんなに開くかな?と皆んな話していたのもすごく面白かったです。

ママクラスに参加しとてもいい経験、勉強になりました。

最近、「架空OL日記」にハマっています。
これは、バカリズムこと升野さんが、OLになりきり日常を描いた、日記をもとに制作されたものです。
バカリズムは本当に頭がいいと改めて思うドラマです。

今回も、女子ならではのあるあるを、全く違和感がなく升野さんが演じていて、共感できて頷けるところが多いので見てて飽きず、本当に楽しいです。
升野さんがもう女子にしか見えなくなってくるから心底不思議です。

好意を持っている部下のお見舞いに行こうとしている上司が、入院している病院への最短ルートを聞いてるにも関わらず、さりげなくかなり遠回りのルートを教えていた同僚役の臼田あさ美ちゃんは小悪魔でした。
その後のウインクも可愛かったです。

みんなで会社のトイレへ集まり、歯磨きをしながらの愚痴大会は、何を言ってるかイマイチ伝わらないけど、なんとなくで分かり合える女子ならではのあるあるなシーンで面白かったです。

彼氏持ちの女子への言動について思うことや、カフェで延々語ったりするのも、女子の生態だと思います。

客観的視点で見た女子って、こんな感じなんだと、反省というか学びがたくさんあって、考えさせられるドラマでもありますね。
でも、女子って本当に楽しい生き物です。